【夏の腸活レシピ】腸活!こんにゃくステーキ丼

このレシピの特徴

1人前 356kcal (たんぱく質 10g・脂質 14g・炭水化物 47g(白米込み))

材料 1人分 356kkcal

板こんにゃく
1/2枚 200g
玉ねぎ
1/2個 100g
40g
バター
10g
にんにくチューブ
3㎝
たれA 醤油
大さじ1
たれA みりん
大さじ1
たれA 砂糖
少さじ1

こんにゃくと玉ねぎは薄くスライスする。
スライスしたこんにゃくは、たれAに漬け込み、揉んでおく。

フライパンに油をひき、玉ねぎを炒め、しんなりしたら、こんにゃくをタレごと入れる。
中火で2分間加熱してお皿にあける。

目玉焼きを作り、お好きな量の白米にバターを加え、その上に②をのせ、目玉焼きを飾りつける。

ポイント


低カロリーなのに満腹感が得られる究極のダイエット食材、こんにゃく。
こんにゃくの主成分であるグルコマンナンには体内の老廃物を排出させて身体の内側からキレイにしてくれる効果があり胃腸のほうきと言われるほど効果があります。

関連レシピ

  1. オメガ3&ビタミンB!美味豆まめサラダ

  2. 低炭水化物で美味しい!ボディラインを造る豚キムチチーズ焼き

  3. 高タンパクで食べ応えも◎ ゆで卵と野菜のグラタン