【夏の腸活レシピ】胃腸の休息に!小松菜と卵の主食になるもち麦スープ

このレシピの特徴

1人前 117kcal (たんぱく質 8.5g・脂質 6.5g・炭水化物 3.7g)

材料 1人分 117kcal

1個
小松菜
1束 40g
もち麦
10g
☆ 水
150ml
☆ コンソメ
小さじ1
☆ 塩
少々

小松菜は3㎝幅に切り、鍋にもち麦、小松菜、☆をいれ、火にかける。
小鉢に卵を割り溶く。

鍋がひと煮立ちしたら弱火にし、5分間加熱する。

溶き卵を流し入れ、火を止める。
おたまでゆっくりかき混ぜて完成。

ポイント

温かなもの✕もち麦は最強の腸活です。
もち麦には、腸内にすむ善玉菌のエサとなる水溶性食物繊維が豊富に含まれています。
そして温かなものは、身体の胃腸にも優しく、温めてくれます。
体の冷えが解消するだけでなく、免疫力もアップにもつながる腸活をぜひ生活の中に取り入れてみてください。

関連レシピ

  1. 【夏の腸活レシピ】トマトの甘酢漬け

  2. チーズとおからでボリューム満点!チーズケーキ

  3. あったかお鍋で心もお腹も大満足!鶏胸肉でお手軽タッカンマリ