【夏の腸活レシピ】夏野菜のハーブテリーヌ ~ヨーグルトソースを添えて~

このレシピの特徴

1人前 56kcal (たんぱく質 4.5g・脂質 0.8g・炭水化物 7.3g)

材料 2人分 112kcal

-夏野菜のハーブテリーヌ-
キャベツ     1/2枚(25g)
ヤングコーン   2本(20g)
オクラ      2本(20g)
プチトマト    2個(24g)
ズッキーニ(緑・黄)   各5cm位(20g)
インゲン     2本(10g)
パプリカ(赤・黄)    各5cm位各20g
かにかま     2本(20g)
チキンコンソメ  小さじ1(2.6g)
水       1/2カップ(100ml) ★
粉ゼラチン   小さじ2/3(3.2g)
ハーブ(お好みで・みじん切り)  適量

-ヨーグルトソース-
ヨーグルト(無糖)   大さじ2強(40g)
ヨーグルト酒(牛乳又は生クリームでもOK)  小さじ1弱(4ml)
レモン果汁   適量
ハーブ(お好みで・みじん切り)  適量

各野菜を下処理する(下茹で⇒氷水⇒水気をふき取る)。

★を鍋に合わせて沸かし、冷めたらハーブを入れる。

型にラップを敷き、その上からキャベツを敷き詰め①をお好みで縦に並べて②を流し込みキャベツを被せ、冷やし固め、食べやすい大きさにカットする。

☆を合わせて、添えたら出来上がり。 

ポイント

夏野菜に限らず旬の食材は栄養価が高いとされています。
今回は、夏野菜を使用しましたが季節によって素材も変えられる応用が利く一品です。
また、野菜はビタミン・ミネラル・食物繊維が含まれており、旬の食材であれば通年出回っているものより栄養価が豊富です。
さらに、ヨーグルトを使用することで、善玉菌である乳酸菌が腸内環境を整え、美腸・美肌にも効果があります。

関連レシピ

  1. 腸まで届く食物繊維!海のサラダ

  2. あったかお鍋で心もお腹も大満足!鶏胸肉でお手軽タッカンマリ

  3. めちゃ簡単に高タンパク!あっさりマグロ納豆巻き